胸元とデコルテニキビはできやすい

「ニキビは顔にできるもの」と思っていたら、
いつの間にか胸元にもできるようになっていた、なんてことはありませんか?

 

胸元にある赤い斑点ひとつで、お気に入りの服が着られないなら、
こんなに悔しいことはありませんよね。

 

大人の女性は胸元にニキビができてしまうことも少なくなく、
ちょっとした悩みになっている人も多いのです。

 

ニキビができる原因は?

胸やデコルテ部分にニキビが生じてしまう原因は様々ですが、
特に大人の胸・デコルテニキビについては、

「皮脂の分泌が多い」
「ホルモンバランスの崩れ」
「衣服による摩擦」
「間違った入浴習慣」

などが考えられます。

 

皮脂が多ければそれを好物にしているニキビ菌の増殖を生みますし、
ホルモンバランスが崩れていると肌は荒れやすく、
乾燥や皮脂の増加など、通常時には起こらないトラブルに見舞われやすくなります。

 

胸元は下着や衣服による摩擦に常にさらされていますから、
そのダメージは蓄積されて肌の抵抗力を奪い、ニキビの温床となっています。

 

また、入浴時のすすぎ残しによってニキビのできやすい状態を作ってしまったり、
洗いすぎが肌に負担となり、肌トラブルの元をなってしまいがちです。

 

胸・デコルテニキビを治すなら

こういった原因で生じる胸・テコルテニキビは、繰り返し生じやすい特徴があるため、
単純なニキビ治療を行うだけでは意味がありません。

炎症を抑える

ニキビは肌の奥で細菌が繁殖し、炎症を起こしている状態といえます。
まずはこの炎症を鎮静化していくことが大切です。

 

十分な保湿が大切

根本的なニキビケアのためには、
皮脂の分泌を調整し、また肌の抵抗力を高めるための「保湿」が重要で、
同時にホルモンバランスを整えていくことが大切です。

 

ニキビへの刺激を減らす

衣類も肌に優しいものをなるべく着けるように気をつけたり、
入浴習慣も正しい方法に見直してみると良いでしょう。

 

そもそもニキビが生じやすい胸やデコルテ部分ではありますが、
だからと言って諦める必要は全くありません。

 

きちんとしたケアを行っていけば、白く滑らかな肌にすることは十分可能です。

 

自宅で行う胸・デコルテニキビ対策

胸やデコルテのニキビケアは皮膚科などでも行うことはできますが、
やはり時間もお金もかかることですから、自宅でケアできれば一番ですよね。

 

自宅で行えるニキビケアとして最も有効なのは、
胸・デコルテニキビに対して有効な薬用ジェルやクリームを利用することです。

 

 

こういったアイテムは、その部位ならではの悩みや問題にピンポイントに応えますし、
ただ単にニキビの炎症を鎮めて終わるだけではなく、
新規のニキビの予防効果や、胸周りの美白・美肌効果も持っています。

 

中には美容液顔負けの美容効果を持ったものもあります。
その効果は市販品でも医師からも高く評価されているものも少なくありません。

 

数あるアイテムの中から、特にクチコミ評価や販売実績などから
選りすぐりの人気商品を、ランキング形式でご紹介したいと思います。

胸・デコルテニキビ|おすすめ人気ケア商品ランキング

クリスタルモーション

クリスタルモーションは胸元ニキビ専用の薬用ジェルです。有効成分の働きによって、大人ニキビの原因である乾燥を防止し、肌のバリア機能を回復させて、ニキビの原因となる外部刺激から肌を保護します。もちろん、既存のニキビケアにも有効です。

 

薬用成分のグリチルリチン酸ジカリウムやプラセンタエキスが、ニキビで炎症を起こし荒れた肌を正常な状態に修復していきます。また、ニキビケアで終わらない多様な美容効果も人気の秘訣です。保湿でハリをもたらし、肌を引き締めてスリミング効果まであると評判です。

 

敏感肌や乾燥肌の方でも使えるやさしい仕上がりで、多くの人の胸やデコルテの悩みを解消してくれる薬用コスメです。

 

 

価格 容量 評価
定期 5,890円 60g (約1ヶ月分) 胸ニキビ,デコルテニキビ,治し方

ジュエルレイン

ニキビケア専用ジェルクリーム「ジュエルレイン」は、胸やデコルテにできるしつこいニキビ対策に有効な薬用ジェルです。胸元は露出も刺激も多く、一方でケアが行き届きにくい部分。しっかりしたケアが難しいという人も少なくありません。

 

困った胸・デコルテニキビに対して、有効成分が原因にアプローチし、肌トラブルの元凶となる乾燥を防いでしっかり潤いを与えます。また、正常なターンオーバーを導いて肌の復調をしっかりサポート。

 

多くのメディアにも取り上げられる話題性はもちろん、クチコミ人気も非常に高い、安心感のあるニキビケア商品です。胸元のトラブルをしっかり解決したいという人にはうってつけです。

 

 

価格 容量 評価
初回 4,980円

美容ジェル:60g (約1ヶ月分)
ピーリング:150g (約1ヶ月分)

胸ニキビ,デコルテニキビ,治し方

メルシアン

メルシアンはニキビ対策用の医薬部外品で、背中や胸、デコルテにも使える、スプレータイプのケア用品です。ニキビの原因になる感想を十分な保湿効果で防ぎつつも、さらにメラニン色素の生成を抑える美白効果によって、ニキビを治療し、またその跡もキレイに治していく効果があります。

 

一日二回スプレーするだけですので、ケアも非常にお手軽。忙しい人でも、ものの数秒あれば複数個所をケア完了ですから使いやすいですね。無添加へのこだわりも十分で、しっかりと体の各所の状態を整えてくれます。

 

メルシアンは発売間もない時期から多くのメディアに掲載されるなど、その品質の高さが注目されている商品と考えて良さそうです。

 

 

価格 容量 評価
初回 4,944円 60ml (約1ヶ月分) 胸ニキビ,デコルテニキビ,治し方

シアクル

「シアクル」は気になるニキビの悩みに応えてくれるニキビケア商品。ニキビ対策にこだわった作りで、胸やデコルテ、背中など、多くの部分に使うことが可能になっています。

 

浸透性の高い有効成分でニキビの炎症を抑えて、毛穴もしっかりと収斂させ、たっぷりの保湿成分で乾燥しがちな肌に潤いを与えます。美肌・美白成分も入っていますから、ニキビケアがスキンケアに直結します。

 

使い心地や香りについてもこだわっていて、ユーザーの多くがその使い心地や効果に満足しているそうです。様々なランキングでも上位に名前を連ねる実績ある商品となっています。シアクルは困ったニキビ肌を赤ちゃんのような肌に導いてくれると評判です。

 

 

価格 容量 評価
4,880円

ミスト:200ml
ゲルクリーム:100g
石鹸:100g

胸ニキビ,デコルテニキビ,治し方

ルフィーナ

ルフィーナはしつこい大人ニキビの悩みを解消する薬用クリームです。ニキビができる原因となる肌の乾燥を抑え、そして肌の機能を有効成分の働きによって高めて、ニキビのできにくい肌を作っていきます。

 

既存のニキビに対しても、薬用成分が炎症を鎮めて肌の調子を整えますから、肌の現状復帰を早めてくれる効果があります。肌にやさしい無添加処方となっていて、有害物質も少なくなっているため、毎日のケアによって肌を痛める心配がありません。

 

一日二回のケアで良い簡便さや、一回あたり89円という経済性も魅力。継続しやすく効果がある、そんなルフィーナを愛用する方が今、増えてきています。

 

 

価格 容量 評価
初回 2,689円 60g (約1ヶ月分) 胸ニキビ,デコルテニキビ,治し方

日常生活で胸ニキビができる原因

胸のニキビは比較的できやすいと言われていますが、どのような原因があるからできやすいのでしょうか。特に日常生活において多い胸ニキビの原因と簡単な対策について考えてみましょう。

 

 

衣類による摩擦

胸のニキビのできる原因のひとつに、衣類による摩擦刺激があります。下着や衣類で覆われていることが多い胸・デコルテですが、外部からの刺激からは守られる反面、その生地からは刺激を受けています。特に化学繊維でできた衣類は肌への刺激が強いので、できれば綿や麻、絹などの植物繊維から作られているものを利用したいところです。

 

また、清潔でない衣類の着用によって刺激をされてしまうこともあり、洗剤の洗い残しや、汚れや汗のついた衣類を長時間付けるなどの行為も、肌にとっては負担になりますから、体だけでなく衣類の清潔さにも気を遣いましょう。

 

皮脂の分泌

胸の部分は汗も多く、皮脂も多く出る部分です。特に汗かきや皮脂が多いと感じる人は注意する必要があります。注意するというのは、単純に汗を拭くというだけではなく、この部分の肌環境を整えるということを意識することが大切です。汗の処理や皮脂の処理に励んだ結果、この部分が乾燥しやすくなってしまい、いっそう荒れやすくなってしまうこともあります。

 

汗や皮脂をしっかりふき取ることはもちろん、保湿などのスキンケアも忘れないようにしてください。クリームなどは毛穴に詰まる可能性がありますので、サラッとした化粧水タイプのものがお勧めです。そして、できるだけ通気性の良い服をつけるようにすると、汗や皮脂を好む雑菌の増殖を防ぐためにも役立ちます。

 

 

ボディソープやシャンプーの洗い残し

意外に多いのが、入浴時のボディソープやシャンプーの洗い残しです。胸の周辺は、しっかり流したつもりでも残ってしまいがちな部分です。ロングヘアーの女性は髪が邪魔をして洗い残しが出ることもあります。洗い流したつもりが残ってしまうと、成分が肌に残って毛穴に詰まったり、それが元で炎症を起こしたりする可能性があります。

 

これらの成分の中には、長時間肌についていると刺激が強いものや、空気と触れて酸化すると肌によくない性質のものもありますから注意しましょう。

 

 

食事と睡眠

食事によってニキビが生じやすくなります。脂っこい食事や糖分の多い食事は、皮脂の分泌が多くなってニキビを生じさせます。また、ビタミンやミネラル、たんぱく質が減ると、ターンオーバーが進まず、それによってニキビからの回復も遅く、肌も弱くなってしまいます。

 

普段から栄養バランスの良い食事を心がけることはスキンケアの基本です。それに胃腸の調子によって、肌の免疫力は大きく変わってきます。ニキビの原因は原因菌の働きですから、それに対する抵抗力の高低は、ニキビのできやすさにつながってきます。胃腸の調子を整える上でも、暴飲暴食は避けるように気をつけましょう。

 

また、睡眠不足は肌の健康に悪影響を与えますから避けて、できれば22時〜26時の時間帯に多く睡眠を取れるように意識しましょう。肌の構築が促され、健康的で美しい肌を作りやすくなります。

生理前に胸ニキビができやすい

人によっては、生理前になると胸にニキビができやすくなります。これはホルモンバランスが変化することに起こるもので、特別な異常ではありません。とはいえ、見た目上は気になるものですから、原因と対策をしっかり見につけましょう。

生理前に胸にニキビができやすい理由

排卵から生理前半までには、女性ホルモンのうち黄体ホルモンが活発に分泌されます。これが皮脂の分泌を促すために、特に皮脂腺の多いかおや胸部、背中などで、ニキビが発生しやすくなるのです。

 

黄体ホルモンは皮脂の分泌を増やすだけではなく、心身に多くの影響をもたらします。人によっては、肌が普段より敏感になる場合もあります。もしも、そうした体質である場合には、衣類などの摩擦ですら刺激となり、ニキビを作る原因や悪化させる原因になりますから注意してください。

 

ホルモンバランスを整えよう

基本的に上記のようなメカニズムによって胸にニキビができやすくなりますから、これを緩和するためにはホルモンバランスを整えるしかありません。ホルモンバランスは黄体ホルモンが増えた場合には、エストロゲンを増やすことで整えることができます。エストロゲンに似た働きをするといわれる大豆イソフラボンを摂取すると有効です。

 

また、ホルモンバランスを整える基本は、規則正しい生活をすることです。大人ニキビの多くはストレスや睡眠不足、食習慣によってホルモンバランスが乱れ、それで肌に変化が生じてしまってニキビができるようになると言います。ですから、規則正しい生活をすると共に、疲労やストレスをためないことも大切です。

 

生理が来る直前にこれらを急に行なってもあまり意味がありません。普段からしっかりした生活を心がけていてこそ、女性特有の問題を楽にできます。普段から体質改善に励みましょう。

胸のぶつぶつの種類

胸やデコルテにブツブツができてしまった、ということは誰でもあります。適切なニキビケアによってこういったものは解消することが可能です。しかし、このブツブツはニキビだと思っていたら、実は違っていて、全く別の種類のトラブルである場合もあります。

 

トラブルの種類によっては健康面に大きな害をもたらすものもありますが、健康被害の有無によらず、見た目への影響は大きく心理的にもイヤなものです。どのような種類があるのか知っておくと、対応も幅が出てくるようになります。

 

 

ニキビ

胸のブツブツでやはり最も多いのはニキビです。ニキビの原因は詰まってしまった皮脂やアクネ菌などの原因菌による刺激です。肌の抵抗力が弱っているときに生じやすくなります。保湿をしっかりし、皮脂量を適切にコントロールしたり、またホルモンバランスを整えたりすることが肝心です。

 

マラセチア毛包炎

「マラセチア毛包炎」は外見がニキビに似ているので注意が必要なものです。これは細菌の一種が弱った肌に悪さをすることで生じる炎症です。原因菌は皮膚上の常在菌ですから、誰にでも存在していて、これが不潔や高温多湿などの環境下で異常繁殖すると生じやすくなります。ニキビとは原因菌も効果のある薬もまるで違うので注意しましょう。

 

 

皮膚炎

皮膚炎は皮膚の炎症症状一般を指します。ニキビもアクネ菌などの刺激による肌の炎症症状ですが、皮膚炎とは言いません。皮膚炎を起こす代表的な要因は紫外線による刺激です。日焼けがひどくなると、赤く炎症を起こしてしまいます。ここに細菌やダニが増えて刺激するようになると、より状況が悪化しますから、日焼けもひとつの皮膚炎と思ってしっかりケアしましょう。

 

また、いわゆる「かぶれ」症状もひとつの皮膚炎です。金属などからアレルギーを起こして炎症が起こるのが「かぶれ」です。かぶれの元になっているものを特定し、避けることが大切です。かゆいからといって掻かないように注意しましょう。

 

 

あせも

胸元は、あせもの多い部分でもあります。見た目にはニキビの初期段階によく似ていますので間違えやすいです。ただ、触るとヒリヒリして痛いのが特徴なので区別は難しくありません。

 

あせもはニキビと基本的に対策は似ていて、しっかり汗を処理することです。あせもの薬にはパウダータイプのものも多いですが、外部からの刺激を止めるためにパウダーを使っているのであり、乾燥させることが治療に良いわけではありません。あせもは人によって出やすい部位がありますから、体質をわかってケアしましょう。

 

 

蕁麻疹

蕁麻疹は赤みとかゆみが強く、また広範囲に生じ目立つブツブツの種類です。身体の柔らかい部分にできやすいので、女性はバストにできやすいです。

 

蕁麻疹の原因はストレスや乾燥、気候の変化、食生活、疲労など様々です。多くの場合はすぐに治りますが、長期化してきたと感じたら、早めに皮膚科で対応を相談する方が良いでしょう。掻くと疹が大きくなったり、出血することもありますから、基本的に触らないようにし、かゆみ止めなどを使いましょう。

 

 

脂漏性湿疹

脂漏性湿疹は、皮脂が過剰に分泌されて皮膚を刺激し、炎症を起こすものです。これは皮脂腺の多い胸や背中には多く現れます。赤みのある細かい湿疹ができるのが特徴です。基本的に皮脂が過剰になることで生じますが、カビが原因になることもあります。

 

皮脂のコントロールをすることが治療や予防に有効ですが、そのためには脂肪分や糖分の多い食生活を改善することや、自律神経のリズムを整えるために睡眠や運動をしっかりすることも重要です。生活習慣の影響を多く受ける皮膚疾患ですので、それを知らないと慢性化しやすいので注意してください。

胸ニキビが厄介な理由とは

「ニキビ」といえばやはりまず意識するのは顔ですが、実際には、ニキビは全身のいたるところにできるものです。顔ほどではありませんが、できてしまうと気になる部分が胸です。胸やデコルテのニキビは、実は顔のニキビよりも厄介だといわれています。

 

胸・デコルテの特徴

胸やデコルテという部分は、もちろん常時全部が晒されているわけではありませんが、比較的露出も多い部分で、その割には自分で見る機会は少ない部分です。また、汚れや皮脂が詰まりやすいといった特徴もあり、完全なケアを行なうのが難しい部分でもあります。

 

そのため、実は体の中でもニキビができにくく、そして治りにくい部分のひとつで、この部分のニキビケアに頭を悩ませている人は多いのです。それに衣服による摩擦も多い部分ですから、皮膚がダメージを受けやすい部位でもあるといえるでしょう。スキンケアが必要なのに、比較的ケアされていない、それが胸やデコルテなのです。

 

 

胸やデコルテのニキビが厄介な理由

冒頭でも言ったように、この部分のニキビは厄介です。厄介な理由の筆頭は、やはりニキビができやすく、治りにくいというところ。胸やデコルテはその性質上、ニキビ悩みが生じやすい部分です。ニキビ対策の基本は「清潔」「刺激しない」などにありますが、そのどちらも簡単ではないのです。

 

汗も多く出ますし、頭や首からどんどん汚れや汗、シャンプーなどの洗い残しが流れてきますよね。露出していればホコリや紫外線、露出しなくても衣服の摩擦で、なかなかそっとしておいてもらえないパーツです。

 

そして、目立つ部分でもあります。男女どちらも「見える以上は目が行く」というのはこの部分の宿命です。目立つということは、隠す必要があるということで、隠さなくてはならないとなるとファッションがかなり絞られてきます。特にここが窮屈になると夏場は暑苦しい印象になりますから辛くなります。

 

そうであるにも関わらず、この部分のスキンケア情報が少ないのも問題です。顔用の美容品を使っても良いのか、全身用を使っても大丈夫か、胸専用の美容品の有無や、効果の高い商品など、有益な情報が不足気味です。どうしていいかわからないので放置して、自然に任せているという人も多いです。

 

 

このように厄介な理由がたくさんありますが、諦める必要はありません。厄介とは言ってもケアによる改善は可能ですから、正しい知識を身に付けていきましょう。

〜コラム〜
胸ニキビ・デコルテニキビは正確には顔ニキビとは少し異なっています。ですから、当然治し方も違いがありますので、特殊なケアが必要です。
どのような違いがあるのか、簡単にご紹介したいと思います。
まず、その原因ですが、ニキビの原因菌といえばアクネ菌が有名ですが、胸部にできるニキビの原因になる細菌はマラセチア菌というカビの一種です。そのため、正確にはマラセチア毛包炎という名称になります。原因となる菌は違いますが、炎症が生じたりニキビができるメカニズムは一緒で、角栓によって皮脂がつまり、菌が繁殖して炎症を起こし、ニキビができます。
胸部は皮脂も多く、かつ毛穴が小さく少ないので、毛穴が詰まりやすいです。古い角質を取るためにゴシゴシ擦りたくなりますが、刺激が強いのも良くないので、体をしっかり温めて毛穴を開かせ、たっぷりの泡で洗浄してあげるようにしましょう。胸ニキビの場合はカビですから、不衛生が最大の敵となります。ですから、肌に触れる衣服は清潔を保つということがまず基本で、髪の毛も細かく刺激をしますし雑菌が付いていることも多いので、できれば後ろでまとめておいた方が良いでしょう。
医療機関で治療する場合、抗生物質として抗真菌(カビ)剤を与えられます。専門のクリニックでは、ホルモン治療によってターンオーバーを促すようにし、ニキビのできた肌を回復させるという治療を行うこともあります。顔と違ってケアが手薄になりがちで、かつ多くの刺激要素がある部分ですから、刺激に気をつけながら、顔と遜色ないレベルでケアしてあげれば、ほとんどの場合は順調に回復していきます。